最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

postheadericon 業者に依頼

蟻の群れ

屋内に侵入したハクビシンは、断熱材を食い荒らし、そこを寝床としてしまい、屋根裏に排泄します。排泄物の匂いは強烈で、異臭問題を起こしたり、建材を腐敗させ天井が朽ち落ちることがあります。
人体への問題には、ノミ・ダニの被害があります。ハクビシンは野生動物でノミ・ダニをほとんどの個体が持っているので、吸血の被害を受けたり、アレルゲンにもなるので、喘息やアトピー性皮膚炎の悪化や発症を引き起こす原因にもなります。
そのため、ハクビシン駆除は必要となるのです。

ノミ駆除とは、殺虫剤などの薬剤を使ったり物理的に潰すなどの方法でノミを殺すことを指します。

犬や猫などのペットの体にノミが付いている場合は、目の細かいクシで取って粘着テープに付けて潰すか洗剤を薄めた溶液に入れて殺すほかに、ノミ取り用のシャンプーを使ったりノミ取り粉を地肌に振りかける方法や、ノミ除けの効果のある首輪をつけるなどの方法があります。

ノミ駆除は、シロアリ駆除やハクビシン駆除などを請け負う業者に依頼することもできます。
ノミ駆除は、現在では駆除の為に非常に多くの手段が考案され、実施されています。

ノミは特に犬や猫といったペットに付着することで室内に蔓延してしまうことが多い為、それらの動物と古くより親しんできた我々日本人にはノミへの対策は、常に重要な生活問題でした。
ノミに刺された場合は、アレルギーや喘息を引き起こすこともあり、効果的な薬もない一昔前は対策にとても苦労していたようです。

現在では前述のとおり、様々な駆除方法がある上に、ノミの総数自体減ってきているようですが、小さい子供のいる家庭などは注意すべき家庭問題の一つであり続けていると言えます。
今後は、他の分野でもそうであるように、より人体や環境に配慮した駆除方法が求められてくると考えられます。

ノミ駆除を専門的に行っている業者の数は年々増加しているとされ、ハウスクリーニングなどに関心を持っている人にとっては有意義な状況となっています。

特に、シロアリ駆除やハクビシン駆除などについてもニーズが高まっている現代においては、専門的なスキルを持っている業者への期待が寄せられています。

これからも害虫などの駆除のプロフェッショナルの存在が日本社会においても欠かすことができないものとなることが見込まれています。

postheadericon 駆除方法

蟻

シロアリは昔から日本人を悩ましていた敵で平安時代からいたとされています。

昔から知恵を振り絞って対処してきた日本人ですが、今では簡単に駆除を出来るようになりました。科学的に駆除するので一気にシロアリを殲滅することができます。
またシロアリ駆除以外にもハクビシン駆除、ノミ駆除と人間の生活を及ぼす害虫を隈なく除去できるのでとても便利な世の中になりました。
田舎のほうではまだまだ悩まされている地域が多いので、今後も需要は間違いなく続きます。

シロアリは家の土台や柱などの木の部分を食べてしまいます。シロアリに食べられてしまった家は強度が低下してしまうので、シロアリ駆除をしなければなりません。

春から秋にかけて大量の羽蟻を見たときは注意が必要です。シロアリが発生している可能性が高いです。

また、床が浮いたような感じがしたり、水漏れが起こっているときにもシロアリがいることが疑われるので、専門業者に床下などを調べてもらい、必要ならシロアリ駆除を行いましょう。

ハクビシン駆除の手順は、まず侵入口・経路の確認をし、巣や糞尿の有無を確認、害虫の発生を検査します。次に燻煙材剤や嗅覚忌避剤を用いてハクビシン追い出し、上記の手法で捕獲した後、巣や糞尿の除去と侵入場所の殺菌・消毒を行い、侵入口を遮断します。

ハクビシンは本州から四国にかけて広く生息しており、毛皮用に中国などから持ち込まれた外来種と考えられています。
以前は農作物やニワトリなどを食べ荒らす農業被害が中心でしたが、最近では住宅の屋根裏や縁の下に住み着き、騒音や糞尿による悪臭、ダニやノミなどの被害をもたらす生活被害が多くなっています。

ハクビシン駆除には、わなを仕掛けて捕獲する方法と煙や臭いで追い払う方法がありますが、ハクビシンは鳥獣保護法の対象となるため、捕獲には自治体の許可が必要です。
また、わなを仕掛けるのにも免許が必要になります。駆除したあとは、糞などを掃除して侵入口をふさぎ、必要に応じてダニやノミ駆除を行います。